【ミニと大玉とシマシマと】収穫間近のトマトを狙っている奴がいる。

スポンサーリンク
リバビレ農場の記録

どうもRyoです。

昨日も色々と畑作業。

雑草を取ったり、作物の生育状況を見たり、買い出しに行ったり、リバヤシ(ヤシの木)を仕上げたり。

日々、表情を変えてく農場。

枝豆の収穫はもう終わって、きゅうりも終わりに近づいてきた。

ししとうやピーマン、さらにオクラ、ナス、パプリカなどがこれからピークに突入していく。

んでもってトマト!!

リバビレ農場ではミニと大玉の2種類のトマトを育て中。

そんなトマトもええ感じ♪

収穫間近のトマトをチェックしながら歩いてみると、何個か下に落ちてるミニトマトがある。

収穫される前に勢い余って群れから飛び出し下に落ちてしまったミニトマト。

それでも鮮度は抜群で、問題なく食べれるレベル^^

そんな今季第一号のトマトを楽しみにしてる奴がいた。

コイツだ。。

「我が名はシマリス・半次郎でござい!」

トマトが大好きな生き物は多く、地上からはてんとう虫など、んで空からはカラスなどの鳥が赤く実ったトマトを狙う。

でも遠く離れた場所から首を長くして待っていたのがコイツだった。

早速あげてみるとまぁ食べる^^

食べる食べる食べる。。笑

そしてしばらくしたら飽きる。

そしてまた食べる。。

下に落ちていたとはいえ、まだまだ採れたてで鮮度は高い。

んでもって味は絶対に美味♪

しかしまぁ、これからかなりの数が取れていくらでも食べることは可能なので。

自分たちで食べる前に、まずは「シマリス・半次郎君」にお裾分け^^

満足そうでよかったな。

そしてこれからが収穫ラッシュ!!

最高に美味なトマトたちもカインズやジョイフルなどのマルシェに並ぶ日も近いと思うので、その時は是非お手にとってみてください^^

じゃあ、またねー!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました